引越し体験談

引越し料金の見積もり前に抑えておくべきこと

 

引越無料

引越し業者さんの知りあいから教えてもらった常識と、わたしの引越経験則からの情報です。

 

引越し業者さんも、こちら側の対応いかんで態度も見積もりの金額も変わります。

 

できる範囲のことを抑えておくだけでも、引越し料金に3万〜5万円ほどの金額の差が出てくることが分かりました。

 

 

いい加減な人間と思われないようにするべし

 

いきなり精神論なんですが、これ、かなり重要らしいです。
いい加減な人は、引越し時もいい加減なので、引越しもかなりグダグダになる⇒時間が遅れる⇒費用が想定より高くなる。

 

高い見積にしてしまえ!!

 

という流れです。
引越しする際には、そう思われないために、引越しにもっていくもののリスト、荷物の大きさ、量、日程と日時についてしっかり決めておくといいです。

 

見積依頼もこれらの情報が固まってから出すと、見積依頼が出しやすく、しっかりした人間だと思われやすいため、業者も安い見積金額を出しやすいのです。

 

見積は早めにとるべし

 

引越見積

引越しの見積は早めにとっておきましょう。

最低でも引越しする日の1ヶ月前!!

 

ここを守らないと、業者の対応もいい加減になりやすいです。
業者もプロなので、引越しする日まで猶予が無い人には安い見積もりは出しません。
当日グダグダケースになりがちなのも、準備期間が短い人です。

 

仕事などでもそうですが、早め早めの対応が功を奏します!

 

もし、引越まで1カ月を切っているなら、今すぐにでも見積依頼をした方がいいですよ!
繁忙期にあたる2月、3月や、9月などの場合はなおさらです。

わたしは依然、引越まで一週間の時に見積依頼をしたことがありました。

 

しかし、・・・

 

受けてくれる業者が無い。少ない。
八方塞がり状態です。
あっても相場よりも、なんと倍近い見積金額でした。

 

高い見積書が出てきても、交渉の時間もないし選択権もなくそのままお願いするしかなかったのが悔しかったです。

 

引越し希望日を決定すべし

 

引越見積

引越し希望日が決定していないのは業者が見積もりを計算する際に非常に困るようです。

 

平日、休日によっても混雑度合いが変わります。なので、そこがはっきりしていないと、正確な金額は出にくいものです。

 

基本的に休日の方が多くの人が引越しするので高くなります。

 

結果として、見積金額を高めに設定しておこう・・・。となってしまいます。
逆の立場になると、なんとなくわかりますよね?
なので、希望日を決めておきましょう。

 

日程がどうしても決まっていない場合は引越しする週だけでも決めておいて、平日、休日のそれぞれの金額を見積もってもらうのがいいかもしれません。

わたしは過去4回の引越で、休日に引越したことが2回ありましたが、
どちらも平日の時より2万〜4万円の開きがありました。

 

荷物量はあまり変わらない引越しでその金額差なので、日程の選択がいかに重要かを痛感しましたね(-_-;)

 

訪問見積もりはなるべく受けるべし

 

引越見積

引越し業者の見積では、訪問して見積をしたいというケースが大半です。

 

敬遠しがちな人もいるかもしれませんが、訪問見積もりすることで正確な金額が計算できます。
準備するトラックのサイズ(2tなのか4tなのか・・?)、必要時間と必要人員。
さらに、マンションやアパートであれば何階のどの部屋でトラックの駐車スペースはどこでそこまでの距離はどのくらいで・・・などなど作業にかかわってくる時間などを計算できます。

 

これらの予測がしやすいので、引越し業者さんからしても安心の引越となります。

 

さらに値引き交渉できるチャンスなので値段を安くしたい方はほぼすべての人が訪問見積もりを受けています。

 

引越し業者側からすると、電話などからだけの情報では
金額を計算しにくいので高めに見積もろう!
となります。

 

家にあげるのに抵抗があっても小1時間程度ですから、訪問見積もりは受けておいて損はありません!

 

わたしは過去に1回だけ電話のみでの見積でそのまま引越したことがあったんですが、後から後から必要な作業が出てきてしまい、時間もオーバー。
危うく追加料金を請求されてもおかしくないくらいグダグダになりました。が、なんとか引越し業者さんのサービスで見積通りの金額で完了しましたがとにかく当日大変だったのを覚えています。

 

なので、訪問見積もりをお願いするのは無難ですね。
単身引越しなどで荷物が少ない場合でも同様です。

 

訪問見積もりがどうしても嫌な人は・・↓↓↓

荷物量を正確にしておくべし

 

引越見積

荷物の量は正確にしておいてください。

特に、冷蔵庫、タンス、テレビ、洗濯機などの大型な道具関係は寸法を測っておきましょう。

 

また、その他の荷物量についても正確にしておくと、とてもいいです。
出来る範囲で構いませんが、

 

寸法が〜cmの段ボール何個分の荷物量

 

とまで計算できていると、業者さんも計算しやすく、さらにしっかりした人間だと思われるため安い見積を出しやすくなります♪

 

ネットから無料一括見積を利用すべし

引越し見積もりについては、ネットでの無料一括見積りがすごくお得です。
中でもズバット引越比較さんが豪華なキャンペーンを行っていますので、特にいいです。
ネットでの無料一括見積もりに疑問を持っている方は下記のリンクの解説ページをご覧ください。
もちろんスマホからも申し込めるサービスですよ。

 

なぜ無料一括見積がオススメなのか解説。お得なポイントって何なの?

 

 

一括引越見積

無料一括見積りはコチラ

 

一括引越見積

 

一括引越見積

 

 

当サイトおすすめコンテンツ

 

引越し失敗3月の引越し予約は危険です!

3月の引越し!予定している人はお早めに!引越しで最高に忙しい時期です。早めに予約が肝心です。


 


よく読まれているページ

引越し失敗引越し代を損しないための五カ条

引越し代を安くするための五カ条です。少しでも守ることができればあなたの引越し代はグッと下がることでしょう。

 

 

 

引越し失敗3月の引越しは予約するのも大変って本当?

引越し最盛期でとびっきりに忙しいのが3月です。とにかく引越しする人が多すぎるので、早めに引越し会社へ予約準備をした方がいいでしょう!

 

 

1月2月の引越し

1月・2月は引越し代金も高めになる時期!!あなたの引越し料金はどのくらいになるのか?
最も料金が高くなる3月の前の、1月、2月も料金は高めになってしまいます。この時期に引越しを考えている人は相場情報を見てみてある程度の金額を知っておいてください。

 

 

引越し失敗あなたは本当に大丈夫?引越し失敗ランキング

引越しで失敗したらまずいことをランキングしました。こういう状況だけはなりたくないという項目ばかりです。

 

 

引越し失敗引越し業者に一括見積もり。本当にメリットあるの?

半額にまで引越し料金が下がることもザラです!!ネットからの一括見積りサービス。お得なポイントについて紹介。

 

 

引越し失敗引越し前の人必見。引越しやることリスト

引越し前はやることがたくさんあります。期間ごとにやらなくてはいけないことをリスト化しましたので、参考にしてください。

 

 

引越し失敗インターネット開通予約。早めに予約が肝心です。

最大8万円のキャッシュバックも!?
プロバイダの契約・予約は早めにしましょう。